新着情報

水周りの配管トラブル!多い原因とは?

横浜市を拠点に水回り工事を行っているESTです。
法人様、個人様問わず、配管のトラブルに対応しています。

配管で多いトラブルは老朽化による腐食や部品の劣化、つなぎ目の破損、地震による配管のつなぎ目のズレなどです。

損傷が起こると、水漏れが発生する、水が止まらない、水が出ないといったトラブルが起こります。

地下の配管内で水漏れが起こってしまうと蛇口から水道が出ず、さらに水道料金だけが発生してしまうというトラブルを招きかねません。

水まわりに関するトラブルがありましたら、まずは配管水漏れチェックを行いましょう。

ちなみに、異常に水道使用量が増えてしまった場合は水道局から連絡がきます。
「漏水の可能性があるのでお確かめください」という通知が来ます。

配管トラブルが原因なら急に莫大な費用を請求される可能性は極めて低いのでご安心ください。

もし水まわりに関する異変を感じたら、止水栓をしっかり止めてパイロットが回っているか確認しましょう。
パイロットとは水を使っている時の水道メーターのことです。
止水栓を止めているのに、パイロットが回転している場合漏水の可能性が高いです。

もし水まわりに関するわからないこと、トラブルが発生しましたらESTまでお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから