新着情報

古くなった空調設備を新しくすると大きなエコになる

どんな施設でも、人々が利用する施設には空調設備が設置されています。

例えば、ひとり暮らしの人が過ごす1Kの部屋と大規模な施設での空調に使用する電力の差は雲泥の差です。

 

空間が広いほど空調設備を稼働させるための電力とコストは大きくなります。

この空調設備が古いものであるほど電力を大きく使う傾向があるので、築年数の経過した建物や施設の空調設備を使われている方は、最新の設備を導入することで機能性も高く、電力の消費も少なく、電気代を節約できるため省エネにつながります。

また、空調設備の交換によって、今までの古い設備で発生していた故障や不具合も解消できるので、メンテナンスや修理にかかる費用も抑えられ、綺麗な空気を各場所に供給できるところも大きなメリットです。

 

近年、命の危険にも関わってくる猛暑、酷暑、残暑となり、夏の気温も40度を超える地域もあるほどで、室内で普通に過ごしているだけで熱中症になるケースも多く、地球の温暖化や異常気象によって、夏の空調設備(エアコン設備)の充実は必須のものとなっています。

 

横浜エリアでの各種設備工事を行う業者をお探しなら、横浜市港南区の株式会社ESTまでお気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちらから